サイトメニュー

心のケアをして回復させる

診察

自律神経の病気に似た症状

体調不良という形でのみ、うつ病の症状が現れてしまう状態を仮面デプレッションと呼び、すぐにうつ病であることに気付きにくい病気です。一般的なイメージのうつ病は、心の悩みがなかなか解消されずに気力を失ったり外出できなくなったりする状態とされています。本来なら、うつ病にかかると心の不安定さが目に見えて伝わるため、心療内科や精神科での治療を検討しやすくなっています。ですが、仮面デプレッションの場合は胃腸の不調や生理不順などが起こるためただの体調不良に見えてしまい、内科に通う人が多い傾向にあり注意が必要です。仮面という言葉が病名についている理由としては、一見すると内科で治療するような身体の不調が心の病気を仮面のように隠してしまうことから来ています。内科に通院することで自律神経失調症と診断されることも多いですが、本当の原因はうつ病であるため治療を行っても良くならない傾向にあります。仮面デプレッションにかかっている人が体調不良を解消するためには、原因となっている心の悩みを解消していくことから始めると良いでしょう。心療内科や精神科に通院して家庭環境や人間関係などからストレスの原因を調べていき、休息を取るなどして心のケアに重点を置いて治療することが必要です。身体の不調だと捉えて精密検査などを行なっても不調の原因となる数値が出せない場合には、仮面デプレッションである可能性があり、精神科や心療内科などに通うと治療が進む場合があります。原因不明の体調不良が続く人は、通院している病院と相談して心の病気を専門とするところへの移動を検討していくようにしましょう。

身体がだるくなったり胃が痛くなるなどの体調不良が長く続くのに、内科で診察を受けると数値としては異常がない場合には、仮面デプレッションの治療が出来る心療内科や精神科を紹介してもらうと良いでしょう。総合病院の場合は、内科と精神科が同じ建物内にあることも多く、そのまま医師の判断で精神科や心療内科に受診するように促されることもあります。自律神経失調症などの判断を受けて治療しているが、回復の兆しが見えない場合にも仮面デプレッションの可能性があるため、自分で病院を調べて精神科などに通うと治療が進みます。精神科や心療内科のホームページには、得意とする症状が載っているところも多く、仮面デプレッションの治療実績のあるところを選ぶと安心です。心のケアと同時に体調不良も同時に回復させなくてはいけない病気であるため、通院の頻度は他のうつ病に比べて多く2週間のうちに1回は通院することになります。自宅から比較的近い場所や、電車での乗り換えが楽な場所にある病院を選ぶことが重要です。女性の場合は原因が女性特有の人間関係やストレスであることも多いため、女性の医師やスタッフがいる病院を選ぶようにするとカウンセリングしやすくなるでしょう。働き盛りの男性の場合は、同じように仕事で忙しい時期にうつ病になった患者の治療実績の高い病院に通院すると治療しやすくなります。治療が終了した患者のメッセージがホームページに掲載されている病院もあるので、それらの内容を参考に自分の症状と似ている人が完治した病院に決める方法もあります。

Copyright© 2019 うつ病には身体的な症状しか起きない場合もあるので注意が必要 All Rights Reserved.