サイトメニュー

対応が難しい精神病

女医 体調が悪化しやすい仮面デプレッションは精神病の一つですが、原因を特定しづらく対応が難しい病気です。異常を感じた時は心療内科などを利用すれば、医師が病気について詳しく調べてくれて問題があると分かったら治療を受けられます。

詳しく見る

心のケアをして回復させる

診察 身体的な変化はあるものの精神的なうつ病の症状はあまり目立たないため、気づきにくいタイプのうつ病が仮面デプレッションです。精神的な症状を隠すように身体的な不調という仮面を被った状態になることから、仮面うつ病とも呼ばれています。

詳しく見る

調べるのが難しい精神病

女性 精神状態がそれほど悪化しない仮面デプレッションの症状は、心の病なので内科などでは治療ができません。仮面デプレッションを治す時は心療内科などを使って、自分の異常について詳しく調べて対応する必要があります。

詳しく見る

うつ病を治そう

男性

原因不明の身体の不調に困っているなら

うつ病といえば、落ち込んだり悲しくなったりと、精神的な面でさまざまなよくない症状がでることで有名な病気です。しかし、精神的な面だけではなく、身体的な面でも、いろいろなよくない症状が起こるのがうつ病だといわれています。例えば、疲れやすさやめまい、そして動悸など、身体的にもつらい症状が数多く起こってしまいます。ほかにも多くの身体的症状があるので、自身がうつ病かもしれないと気になっているのなら、チェックしてみたほうがよいです。もしも、両方の症状がハッキリとでているのなら、自身はうつ病だと感じて、精神科や心療内科で診てもらおうと感じるでしょう。しかし、精神的な症状がまったく起きずに、身体的な症状しか起きていないのなら、うつ病だとは感じないはずです。症状がつらすぎて、医療施設で診てもらおうと考えても、精神科や心療内科を選ぶことはないでしょう。しかし、現在では仮面デプレッション(仮面うつ病)という病気があるので、内科や神経科にいっても治らない可能性があります。仮面デプレッションはうつ病の精神的な症状はほとんどでずに、身体的な症状が多く起きる病気です。そのため、身体的な症状を診てくれる医療施設にいっても、まったく治らないのならば、精神科や心療内科がある医療施設を訪れましょう。そちらなら、仮面デプレッションであることをしっかりと見抜いてくれて、適切な治療を行なってくれます。仮面デプレッションをきちんと治せば、身体的な症状が治まるので、スッキリした毎日を送れるようになるでしょう。

自身の現在の状況が仮面デプレッションかもしれないと感じたとき、精神科か心療内科のどちらに頼ればよいか分からない方もいるはずです。一般的に、精神科は精神的な症状を治すところで、心療内科は精神の状態からくる身体的な症状を治すところだといわれています。つまり、仮面デプレッションは両方の条件も満たしているため、どちらがベストなのか選ぶのが難しいでしょう。ただし、現在ではうつ病は、精神科を訪れても心療内科を訪れても、問題なく診てもらえる病気となっています。それは、うつ病はメンタル系の病気として、もっともメジャーともいえるものなので、どちらのドクターでもしっかりとした知識を持っているからです。したがって、仮面デプレッションで悩んでいるのなら、どちらでも診てもらえるので、通うべきところを迷う必要はありません。それでも、どちらか選ぶのが難しいと考えるならば、いっそのこと、精神科と心療内科の両方があるクリニックや病院を選んでしまいましょう。そちらならば、どちらともの診療科を利用できるため、仮面デプレッションを、より適切なほうで診てもらえるようになります。ちなみに、ほとんどの精神科や心療内科は予約制になっていますが、極まれに当日受け付けで診察をおこなっている医療施設もあります。もしも、仮面デプレッションのつらさに耐えられないというのなら、飛び込みで診察してくれるところを探してみましょう。インターネットの検索を利用すれば、予約をしなくても、診てくれる精神科や心療内科がきっと見つけられます。

Copyright© 2019 うつ病には身体的な症状しか起きない場合もあるので注意が必要 All Rights Reserved.